農場の紹介

 エコファームでは、有機野菜の生産と販売を行っています。エコファームの有機野菜は農薬・化学肥料・除草剤などの化学合成物質を一切使用せずに、有機資質肥料とミネラル肥料のみで栽培していますが、広葉樹林の森や雑木林をイメージし、極力少ない肥料施肥に留めて栽培しています。

 

 ここ数年は、ほとんど施肥をしなくても野菜が収穫できる不思議な畑になっています。たとえば、毎年連作を続ける人参の畑では軽くボカシ肥を畑に振りかける程度で連作障害もなく立派な人参がたくさん収穫出来ています!

 何年が後には、自然栽培が可能になるのではないかと思われます。

 畑は使うことにより根が残り、微生物がふえ、雑草をすき込むことで更に微生物がふえ、地下の階層が豊かになって植物が育ちやすい環境になるのではないかと思います。

 

 エコとは、生物と環境の関係を考える生態学=エコロジーの接頭語ですが、今は、「地球や環境にやさしい」「エネルギーの節約や効率が良い」という意味に多く使われています。

 すべての「エコ」を包括して、もっとも良い方法を考えて実践してく農場にしていきます。

                                                  20211006 修正 

エコファームの野菜は、味自慢の野菜たちです。

   
事務所 〒243-0208 
 神奈川県厚木市みはる野2-27-10 
 TEL 046-291-0091
農 場  神奈川県愛甲郡愛川町三増521他 120a
   駐車場あり
 
 
 



今、旬の野菜情報

みませの里芋

 愛川町の三増地区では「三増の里芋」と称されるほど良く

里芋が育ちます。その秘密は保水性に優れた真っ黒な土で

育てられるからです。

 野菜の生命力が有機肥料を取り込んで育つので、食べると

ねっとりとした食感とぬめりがとても美味しく感じられます。

 もちろん、農薬や化学肥料は使用していません!

 

 

八菅山の八菅神社(はすげじんじゃ)

アクセスマップ